運気上々

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間が犬の世話を見始めたのはいつか…人間がこの「小さき兄弟」を1万4000年前には面倒を見ていたと考

<<   作成日時 : 2018/02/13 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間が犬の世話を見始めた

のはいつか…

人間がこの「小さき兄弟」を

1万4000年前には面倒を

見ていたと考えられると発表した!

- Sputnik 日本




人間が犬の世話を見始めたのはいつか、研究者が明らかに - Sputnik 日本


人間が犬の世話を見始めたのはいつか、研究者が明らかに -

2018年02月13日

人とともに埋められた犬の化石に見られる犬ジステンパーの跡から、研究者は、人間がこの「小さき兄弟」を1万4000年前には面倒を見ていたと考えられると発表した。

論文は科学誌『Journal of Archaeological Science』に掲載された。

研究者は「もしこの犬の面倒を見ずに、熱を下げずに清潔に保たなければ、犬は発病から2、3週間で死んでいただろう」と述べる。

化石の歯を研究すると、犬は生後3、4ヶ月で犬ジステンパーに感染したことがわかった。通常、90%の犬は最初の兆候が出て1週間後には死ぬが、今回発見された犬はさらに8週間は生きることができた。

この珍しい事実は、犬の飼い主が欠かさず犬の世話をし、餌や水をやり、毛や鼻、その他の部分もきれいに保っていたことを意味する。

これら全ては、人とともに埋められていたこと共に考慮すると、人と犬の間の感情的な絆が1万4000年前にはすでに存在していたことを示している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

犬が海で溺れていた子鹿を救助!ゴールデン・レトリバーのストーム君/動画 - みんなが知るべき情報/今日の物語



上野動物園、学校行きたくない人へ、逃げ場所がなければ『動物園にいらっしゃい』多くの共感を呼んだ上野動物園の公式ツイート!夏休み明けに子どもの自殺が急増することを防ぎたいというメッセージを込めたものだろう! - みんなが知るべき情報/今日の物語



認知症の改善・予防にカレー粉、ターメリック『たけしの家庭の医学』カレー粉の効能が凄い!癌、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる!漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!- みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

医者が実践のインフルエンザ・風邪予防『お茶』を一口二口こまめに飲む!お茶のペットボトルおき診察!患者さん一人のたびに!カテキン効果!
緑茶、ほうじ茶、抹茶、粉末緑茶、紅茶、ウーロン茶などの茶のカテキン効果!モーニングショー、2018年1月112日 - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間が犬の世話を見始めたのはいつか…人間がこの「小さき兄弟」を1万4000年前には面倒を見ていたと考 運気上々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる