運気上々

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲劇の大川小学校裁判、県・市・学校の【事前防災】不備を認める!2審仙台高裁、石巻市と県に賠償命令!今

<<   作成日時 : 2018/04/26 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

悲劇の大川小学校裁判、

県・市・学校の【事前防災】

不備を認める!

2審仙台高裁、石巻市と県に

賠償命令!

今後の防災に役立つ判決!

子どもたちの声が高裁にも届いた!



<大川小津波訴訟>二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円 | 河北新報オンラインニュース(記事は下記に)



東日本大震災【悲劇の大川小学校】ここにいたら死ぬよ〈児童の訴えに〉先生たちは…津波で児童74名犠牲!もし先生がいなかったら児童は死ぬことはなかった!遺族が宮城県、石巻市を提訴…市、県が控訴!ここでも学校、教育委員会、 行政の隠蔽体質! 画像で、ニュースeveryより 2014・3・10… - みんなが知るべき情報/今日の物語









大川小学校の悲劇!控訴審、津波がくる認識あった!石巻市教委元幹部ら証言!大雨や台風、津波で川が氾濫することは想定していた!危機管理マニュアル【内容確認せず】 - みんなが知るべき情報/今日の物語





石巻市、宮城県が控訴【悲劇の大川小学校】子どもの命より先生の名誉が大事!先生、裏山に逃げようと生徒は言った、しかし先生達は「子ども返して…」すすり泣きと怒号!





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ

東京新聞:事前防災の過失を認定 大川小訴訟、仙台高裁判決:社会(TOKYO Web)

事前防災の過失を認定 大川小訴訟、仙台高裁判決

2018年4月26日 15時58分

  東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小川浩裁判長)は26日、市と県に賠償を命じた一審判決を変更、約1千万円上積みし約14億3600万円の支払いを命じた。争点となった震災前の防災体制について「危機管理マニュアルを大川小の実情に応じて改定する義務を怠った」と認定した。

 一審仙台地裁判決は、地震発生後、現場の教職員が児童を適切に避難させなかったとして学校側の過失を認めたが、事前の防災体制の不備は認めなかった。遺族側、市側はいずれも控訴した。

(共同)

津波で児童死亡の大川小裁判 2審も石巻市と県に賠償命令 | NHKニュース

津波で児童死亡の大川小裁判 2審も石巻市と県に賠償命令

4月26日 15時41分東日本大震災

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童23人の遺族が起こした裁判で、仙台高等裁判所は「地震の発生前の段階で学校に津波が到達することを予測することができた」と指摘し、1審に続いて石巻市と宮城県の責任を認め、14億円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。

宮城県石巻市にあった大川小学校では、74人の児童が津波の犠牲になり、このうち児童23人の遺族が起こした裁判で、1審の仙台地方裁判所はおととし10月、「早期の避難をしていれば、児童の被災を免れることができ、避難についての過失があった」として、石巻市と宮城県に対し、14億2000万円余りの賠償を命じました。

双方が控訴した2審の審理では、津波の到達を事前に予測できたかどうかや、小学校の事前の防災対策が適切だったかどうかが争われました。

26日の判決で、仙台高等裁判所の小川浩裁判長は「地震の発生前の段階で学校に津波が到達することを予測することができた。学校は危機管理マニュアルに避難場所や避難経路などを定める義務があったのに怠った」と指摘し、1審では認めなかった震災前の防災対策の不備を認めました。

そのうえで、石巻市と宮城県に対し、1審よりおよそ1000万円多い合わせて14億3000万円余りの賠償を命じました。

遺族の弁護団によりますと、震災の津波をめぐる裁判で、地震発生前の防災対策の不備を認め、賠償を命じる判決は初めてだということです。

遺族 涙流して抱き合う

賠償を命じる判決が言い渡されると、法廷では、遺族たちが天井を見たり目頭を押さえたりしながら涙を流す姿が見られました。

また、涙をこらえるように目をつむったままうつむく人や判決を読み上げる裁判長をじっと見つめる人もいました。

言い渡しが終わると、裁判所のロビーでは「よかったね」「苦しかったね」などと言って肩を震わせながら涙を流して抱き合う遺族の姿も見られました。

原告団長「今後の防災に役立つ判決」

仙台高等裁判所の前では、午後2時半すぎ、遺族たちが、「勝訴」とか、「子どもたちの声が高裁にも届いた」、「組織的過失を認める」と書かれた旗を掲げ、外で待ち受けた人たちに判決を報告しました。

原告団長の今野浩行さんは「多くの方のご協力やご支援をいただき、きょうの判決につながったことを感謝しています。現場にいた先生だけでなく、学校の校長らの責任や石巻市教育委員会の責任も認められました。組織的責任が認められたことは今後の防災に役立つと思います」と話していました。

裁判所の前では、遺族たちが涙を流しながら肩を抱き合う姿も見られました。

遺族「息子は常に心の中にいる」

裁判所の前で「子どもたちの声が高裁にも届いた」と書かれた旗を掲げた遺族の1人、佐藤美広さんは「勝訴という文字の中に、子どもたち一人一人の字が入っている。子どもたちの声が高裁に届いたなと思い、本当にほっとしたというのが最初の気持ちです。息子は常に私の心の中にいるので、こうやって旗を持って話している様子を息子は見ていると思います。息子は『7年間よくやったな。ちゃんと見てるよ』と、そういう感じだと思います。ほっとした涙と、この7年間、心の支えになってくれた人たちに感謝したい」と話していました。

遺族「声を届けることできた」

原告の1人で小学6年生の三男を亡くした佐藤和隆さんは「とりあえずほっとしています。息子があの日、『死んでしまうから避難を』と訴えていたことが認められてうれしい。裁判は長く、逃げ出したくなることもあったが、いろいろな人たちのおかげで自分たちの声を届けることができました」と話していました。

<大川小津波訴訟>二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円 | 河北新報オンラインニュース

<大川小津波訴訟>二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円

亡くなった児童たちの写真がプリントされた横断幕を手に入構する原告遺族ら=26日午後0時45分ごろ、仙台市青葉区の仙台高裁

 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は26日、「学校は適切な避難場所を定めておくべきだった」と事前防災の過失を認め、市・県に計約14億3610万円の賠償を命じた。

教員らの避難対応の過失を認定した一審仙台地裁判決を変更し、校長ら大川小の管理職と市教委に組織的な過失があったとした。学校の事前防災を巡り、法的責任を認めた司法判断は初めて。

 小川浩裁判長は「学校組織には児童に及ぶあらゆる危険を積極的に認知すべき職務上の注意義務がある」と強調。一部学区が津波浸水予想区域を含み、校舎が北上川堤防と近接することから「地域の実情を独自に検証すれば、津波の危険は予見できた」と判断した。

 大川小の危機管理マニュアルが2次避難場所を「近隣の空き地・公園等」としたのは「不適切」と指弾。

校長らは遅くとも市教委にマニュアルを提出した2010年4月までに、堤防付近の三角地帯(標高約7メートル)を経由した林道を避難場所と明記し、市教委は内容を確認し不備を指摘すべきだったとした上で「適切にマニュアルを整備していれば、地震発生から6分後の大津波警報発令時点で林道への避難を開始し、事故を回避できた」と結論付けた。

 大川小では児童74人と教職員10人が津波で死亡・行方不明になった。16年10月の地裁判決は市・県に計約14億2660万円の賠償を命じ、遺族と市・県の双方が控訴した。

2018年04月26日木曜日

<大川小津波訴訟>二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円 | 河北新報オンラインニュース

<大川小津波訴訟>二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円

亡くなった児童たちの写真がプリントされた横断幕を手に入構する原告遺族ら=26日午後0時45分ごろ、仙台市青葉区の仙台高裁

 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は26日、「学校は適切な避難場所を定めておくべきだった」と事前防災の過失を認め、市・県に計約14億3610万円の賠償を命じた。

教員らの避難対応の過失を認定した一審仙台地裁判決を変更し、校長ら大川小の管理職と市教委に組織的な過失があったとした。学校の事前防災を巡り、法的責任を認めた司法判断は初めて。

 小川浩裁判長は「学校組織には児童に及ぶあらゆる危険を積極的に認知すべき職務上の注意義務がある」と強調。一部学区が津波浸水予想区域を含み、校舎が北上川堤防と近接することから「地域の実情を独自に検証すれば、津波の危険は予見できた」と判断した。

 大川小の危機管理マニュアルが2次避難場所を「近隣の空き地・公園等」としたのは「不適切」と指弾。

校長らは遅くとも市教委にマニュアルを提出した2010年4月までに、堤防付近の三角地帯(標高約7メートル)を経由した林道を避難場所と明記し、市教委は内容を確認し不備を指摘すべきだったとした上で「適切にマニュアルを整備していれば、地震発生から6分後の大津波警報発令時点で林道への避難を開始し、事故を回避できた」と結論付けた。

 大川小では児童74人と教職員10人が津波で死亡・行方不明になった。16年10月の地裁判決は市・県に計約14億2660万円の賠償を命じ、遺族と市・県の双方が控訴した。

<大川小・母たちの7年>大輔が見守っている | 河北新報オンラインニュース

<大川小・母たちの7年>大輔が見守っている

大輔君らが眠る墓に手を合わせる今野さん夫婦=11日午前、石巻市針岡

 児童74人と教職員10人が津波の犠牲になった石巻市大川小を巡る控訴審判決が26日、仙台高裁で言い渡される。東日本大震災から7年、幼いままのわが子の写真を見つめ、葛藤を抱きながら数々の「なぜ」を追い続けてきた母親たち。判決に寄せる思いは高まる。(大川小事故取材班)

◎(下)今野ひとみさん

<面影追って>
 時は流れ、周りだけが変化している。
 石巻市の今野ひとみさん(47)は、大川小6年だった長男大輔君=当時(12)=を失った。「あの日から時間が止まっている」。流れについていけないもどかしさを感じる。
 大輔君の友人が車を運転していると聞いた。「同じように免許を取り、私を乗せてくれたかな」。つい思ってしまう。
 大輔君は今年11月12日に20歳になるはずだった。6年になり1人部屋を与えても、週1回は「お母さん、一緒に寝っぺ」と布団に潜り込んできた。甘えん坊のイメージのまま7年が過ぎた。成人した息子の姿をどうしても想像できない。
 市内のビジネスホテルで働く。夕食時、宿泊客の若い男性が何度もお代わりした。「大輔もよく食べる子だった」。ついおかずをサービスする。知らず知らず息子の面影を追っている。

<原告席で涙>
 石巻市教委や第三者検証委員会の説明を何度聞いても納得できなかった。「子どもたちは最後の最後まで怖い思いをさせられた。親として悔しい」。息子の無念を思い、大川小事故を巡る訴訟に参加した。
 仙台高裁での審理は、危機管理マニュアルの不備など事前防災に焦点が当たった。市教委側は「マニュアルを点検していなかった」などと証言。「大人がきちんと仕事をしていれば、子どもたちを守れた」と知り、原告席で悔し涙があふれた。
 一審、二審を通して原告側が何度も申請したが、生き残った男性教務主任(57)の証人尋問は実現しなかった。「証言を強要するくらいなら、出てこない方がいいと思っていた」と打ち明ける。
 亡くなった子どもに対する思いは心底聞きたい。ただ、本当の気持ちは自らの意思で出てこないと話せないのではないか−。時が来るまで待ち続ける。

<夫を励ます>
 夫の浩行さん(56)は原告団の団長を務める。真面目な性格で、26日の判決が近づくにつれて「負けたら、自分の責任になる気がする」と不安げな表情を見せる。「気をもんでもしょうがない」「大輔が見守っている」。重責を担う夫を励ますことが、団長の妻の役目だと思っている。
 月命日の今月11日、夫婦で同市針岡の松山寺を訪ねた。「今野家之墓」には、自宅で大輔君の帰りを待っていて津波の犠牲になった長女麻里さん=同(18)=、次女理加さん=同(16)=、義父浩さん=同(77)=、義母かつ子さん=同(70)=も眠る。
 彼岸の際に供えた花を替え、「こっちの事は心配しないで」と手を合わせた。
 判決後は墓前にこう報告したい。
 「学校側が間違っていたと認められたよ。ごめんねと言っていたよ」


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「大川小学校の悲劇」教師で唯一生き残った教諭の説明が真っ赤な嘘!津波で児童74名犠牲「東日本大震災」子どもの命より先生、教育委員会の名誉が大事!休暇で難を逃れた校長も捜索活動には加わらず、校内で金庫などの貴重品を必死に探していたという!学校で亡くなった児童のほとんどが大川小学校!児童は41分間校庭で待たされ、裏山に逃げず!  - みんなが知るべき情報/今日の物語






実録【大川小学校の悲劇】非情の激流児童の列襲う!教職員、最終判断を誤る<止まった刻 検証・大川小事故> 河北新報/東日本大震災で石巻市大川小は児童・教職員計84人が津波の犠牲となった! - みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍政権のメンバーは 3.11の【津波核テロ】への関与で「戦争犯罪」に問われることを恐れている!安倍が犯罪者であるのは事実である!日本のお金を外国マフィアに渡しているのが安倍政権!安倍は逃げる場所を探している!東日本大震災〜3.11の攻撃は4千万人を北朝鮮へ避難させるロスチャイルドの企て〜 - シャンティ・フーラの時事ブログ - みんなが知るべき情報/今日の物語


*上記の記事が停止中の時はこちら↓
安倍政権のメンバーは 3.11の【津波核テロ】への関与で「戦争犯罪」に問われることを恐れている!安倍が犯罪者であるのは事実である!日本のお金を外国マフィアに : 気分上々/みんなが知るべき情報


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語/みんなが知るべき情報

日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲劇の大川小学校裁判、県・市・学校の【事前防災】不備を認める!2審仙台高裁、石巻市と県に賠償命令!今 運気上々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる